オリオン座は冬の星座の代表格、1等星のベテルギウス・リゲル、そして流星群

オリオン座自然
オリオン座

知ってる星座ランキングを開催すれば、おそらく1位はオリオン座

北斗七星・カシオペア座あたりも上位に入ってくると思いますが、オリオン座が何より有名かと思います。そんなオリオン座の事を5歳の娘が「知りたい」というので、事前に調べまくって「パパすごいね!大好き♪」と言わせたいと思います。

 

さて、今回は「オリオン座」についてシラベルトします。

 

オリオン座が良く見える季節は冬

オリオン座は冬の夜空で良く見る事ができ、方角は南になります。ギリシャ神話に登場する狩人のオリオンを題材にした星座になります。

 

オリオン座の構成

オリオン座の構成(※ざっくりしてます)

オリオン座は真ん中に3つの星が並んでいるので非常に見つけやすいです。その3つの星を4つの明るい星が囲んでいます。

周りを囲む4つの星のうち、東側の赤く光る1等星をベテルギウス、その対角線で反対側の青く光る1等星をリゲルと言います。オリオン座には2つの1等星があり、5つの2等星も含まれています。

星の明るさを表す等星は1等星が一番明るく、6等星が一番暗いという事になります。たくさんの明るい星で構成されているのでオリオン座が目立つわけですね。

 

私は何等星だろうか…劣等生か、優等生か…

 

オリオン座の3つ並んでいる星を見ると、劉備・関羽・張飛みたいに横並びになっているように思ってしまうのですが、実際はかなり距離も離れているそうです。ま、当然と言えば当然なのですが、星を見るとどうしても平面に捉えてしまいますね(^-^;

 

オリオン座のベテルギウスは冬の大三角をつくる

冬の大三角

冬の大三角

オリオン座のベテルギウスと「おおいぬ座のシリウス」「こいぬ座のプロキオン」の3つを結んで「冬の大三角」と呼ばれます。これ授業で習ったなぁw

冬の大三角形だと思ってた…

シリウスもプロキオンも1等星になりますが、中でもシリウスは天体の中で太陽の次に明るい星だそうです。それにしても、シリウスって名前がかっこいいですよねー。擬人化したら絶対イケメンやわ。

 

オリオン座のベテルギウスを中心に冬のダイヤモンド

「冬の大三角」に続いては「冬のダイヤモンド」になります。なんか曲のタイトルみたいになってますがw

冬のダイヤモンド

冬のダイヤモンド

オリオン座のベテルギウスを中心に囲むように下記6つの1等星を結んで「冬のダイヤモンド」になります。

  1. こいぬ座のプロキオン
  2. ふたご座のポルックス
  3. ぎょしゃ(馭者)座のカペラ
  4. おうし座のアルデバラン
  5. オリオン座の星リゲル
  6. おおいぬ座のシリウス

 

アルデバランとか、もう聖闘士星矢しか思い浮かばないですね(*´з`)

ちなみに、「馭者」は「馬を扱う者」という意味があります。

小宇宙(コスモ)を燃やしたい

 

ベテルギウスがなくなるかも…寿命が近いそうです

ベテルギウスは赤色超巨星に分類されていて、実は寿命が近づいていて、最後は爆発してしまうそうです。近年光が弱くなり、その大きさも変わっていると言われています。おなじみのオリオン座の形が変わってしまうかもしれませんね。

 

爆発までの予想はおよそ10万年以内ということです。

想像を 遥かに超える お星さま

 

 

ちなみに、ベテルギウスの直径は太陽の1000倍あるそうです。

 

 

へぇ~
※考えるのをやめた

 

星の色の違いは温度の違い

ベテルギウスは赤く光り、リゲルは青く光っています。この星の色の違いは星の温度の違いによるものだそうです。これは娘に話しやすそうなネタですよ。

 

突然ですが、ここで問題です。
デーデン!(※効果音)

 

「青い星と赤い星、どちらが温度の高い星でしょうか?」

制限時間は丸2日です、ではお考え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

(2日後)正解は・・・

 

 

 

 

 

 

越後製菓!

青い星です!

 

 

星の温度は7段階に分けられていて、色による温度の違いは下記のようになるそうです。

赤い星2000~3300度
オレンジ色の星3300~4700度
黄色の星4700~7200度
白い星7200~1万1000度
青い星1万~数万度

1万度とかもう意味がわかりませんが、リゲルが相当熱いのは確かですw

 

※娘には「ベテルギウスよりリゲルの方が熱いんだよぉ、パパすごいでしょ~」って言おうっと

 

オリオン座流星群は毎年10月下旬に観測できる

オリオン座といえばオリオン座流星群も有名ですね。

オリオン座流星群は毎年10月下旬頃に観測でき、流星群の中でも2番目に速度が速い流星群だそうです。明るい流星が多いので観測もしやすいとのこと。

母天体はハレー彗星で、約3000年前のハレー彗星の塵によるものだそうです。つまり、3000年前の塵がいまだに流れていて、それを毎年見ているという事ですかね?話が壮大過ぎる…恐るべし天体ロマン。

ちなみに、2020年のオリオン座流星群の見ごろは10月21日だそうです。当日は晴れると良いですね☆

 

※2020/10/27追記
2020年のオリオン座流星群は見れましたでしょうか?見ごろを過ぎても10月一杯は流れるということだったので、今朝4時頃オリオン座を眺めていたら幸運にも流れ星を見る事ができました!仕事で失敗して若干落ち込んでいた私を励ましてくれているようで何だかちょっと泣けてきました。ありがとう、オリオン座!俺頑張るよ!

 

オリオン座が登場する曲

オリオン座が登場する曲はたくさんあります。

アラフォー世代の私が真っ先に思い浮かぶのが藤井フミヤの「Another Orion」ですね。この曲はフミヤさんが主演したドラマ「硝子のかけらたち」の主題歌でした。なつかしー。

また、ずばり「オリオン」「orion」という曲のタイトルだと米津玄師・中島美嘉・米米CLUBなどがありました。

 

あとはバブルガムブラザーズの「WON’T BE LONGですね。

オリオリオリオーン♪
※え、違う?

まさにバブル時代!

 

まとめ

やっぱり宇宙・天体はスケールが大きいですね。大きいっていうかデカ過ぎですね(汗)。宇宙について考えるといかに人間がちっぽけな存在かが分かりますね。

しかし、我々の心は宇宙大に無限に広がるわけですから、人間もなかなかやると思いますよw

 

ということで、オリオン座について調べてみました。娘に話すネタがたくさん集まりましたね☆

ありがとう、オリオン座。

 

 

気になる事はシラベルトいいですね。

 

【参考】
Wikipedia(オリオン座)
星の明るさと色 ~冬の一等星~

タイトルとURLをコピーしました