温泉の無い都道府県は存在するのか?火山大国日本の底力やいかに!?

温泉の素素朴な疑問
温泉の素

先日、妻が入浴剤を買ってきました。全国各地の温泉の素が48パック入っているお得なやつです。「いい湯旅立ち」という商品名がちょっとツボですw

※いい湯旅立ちは楽天で1200円くらいです

 

 

で、娘とどの入浴剤を入れるか考えていた時にふと「各都道府県にある温泉を1パックずつ入れて【47パック日本全国”湯”一(とういつ)セット】として売ったら面白いのでは?」と思いました。そして同時に、

 

「温泉が存在しない都道府県ってあるのかな?」

 

と思いました。日本は火山大国と言われるくらいなので、温泉はたくさんあるとは思いますが、果たして温泉の無い都道府県はあるのでしょうか?

 

 

さて、今回は「温泉」についてシラベルトします。

 

結論、すべての都道府県に温泉が存在する。

都道府県の温泉の数

都道府県の温泉の数

はい、調査終了。

 

いきなり結論が出ました。全ての都道府県に温泉は存在しました。温泉の無い都道府県はありませんし、レインボーブリッジも封鎖できません。

青島!?

 

調査を開始してすぐに環境省が温泉にまつわるデータを公式に発表していることが分かりました。そこで公開されているデータに「平成30年度温泉利用状況」というものがあり、そちらに記載がありました。最新のデータは平成30年になりますが、毎年統計を取ってデータを公開しております。

ちなみに、環境省といえば大臣がイケメンサラブレット小泉進次郎さんであります。最近は若干影が薄くなりつつありますが、何かと話題の若手政治家ですね。これからも日本のためにセクシーな提案をお願いしますよ!

 

都道府県 温泉の数ランキング発表!果たして1位は…

環境省の「平成30年度温泉利用状況」から各都道府県の温泉の数(※資料内では温泉地数)をピックアップしてみます。また、温泉の数以外にも興味深い数字をピックアップしますね。

どの都道府県が上位に入ってくるか予想してみてくださいね。

 

 

↓ 都道府県 温泉の数ランキングはこちら ↓

 

 

 

出典:平成30年度温泉利用状況 より

No都道府県名温泉地数源泉総数湧出量合計(L/分)宿泊施設数
1北海道2462,173198,022708
2長野県210953113,4001,108
3新潟県14453766,141534
4福島県13679882,572513
5青森県1251,081147,259249
6秋田県12062486,229228
7静岡県1172,252116,0041,870
8鹿児島県1002,755160,132315
9群馬県9645356,011582
10千葉県8615512,716164
11岩手県85394113,077205
12山形県8441847,809314
13兵庫県8144148,642390
14三重県7120646,574317
15富山県7118030,396135
16栃木県6662962,851408
17大分県644,445279,253856
18広島県6135933,34573
19熊本県531,352133,158412
20岐阜県5350769,322270
21和歌山県5049857,783224
22福岡県5041952,312108
23石川県5033629,438193
24山口県4740627,446146
25高知県45943,07381
26宮城県4374325,695220
27京都府4114817,720183
28島根県4025124,953104
29福井県401587,827142
30岡山県3722323,15388
31神奈川県3660735,207582
32愛媛県3619918,56197
33茨城県3515121,85477
34愛知県3413416,87694
35大阪府3315533,18046
36宮崎県3220424,55067
37長崎県3220127,61188
38奈良県31746,76669
39山梨県2936241,395215
40香川県2819911,10755
41徳島県26817,74029
42埼玉県2511216,07238
43滋賀県258710,30346
44佐賀県2218421,03076
45東京都2116429,96431
46鳥取県1636419,572114
47沖縄県9174,87211

※平成31年3月末現在のデータになります

 

堂々の1位は北海道です!さすがに強い!温泉の数は246になります。

2位は温泉の数210、長野県です!

3位は温泉の数144、新潟県でしたー。

 

予想は当たっていましたでしょうか?私は結構外れました(;´Д`)

草津温泉で有名は群馬県は9位、別府温泉でお馴染みの大分県は17位ですよ、奥さん!もっと上位にきていると思ってました…

ちなみに、私が現在住んでいる宮城県には有名な温泉(鳴子温泉や秋保温泉などなど)がいくつもあるのですが、温泉の数ランキングはなんと26位でした。意外ですね。

 

温泉の数が一番少ない都道府県は沖縄県の9になります。ま、沖縄は温泉というより海って感じですからね。コンクリートジャングル東京都は21で45位でした。

 

温泉の数の他に、源泉総数・湧出量合計・宿泊施設数も掲載しました。

源泉総数は大分県が4445とぶっちぎりで多いのですが、それが温泉の数には比例しておりません。鹿児島県も2755と北海道よりも多いのに、温泉の数は北海道の半分以下となっております。

湧出量合計は1分間に湧き出る温泉の量(L:リットル)になります。あとは温泉と言えば旅館・ホテルということで宿泊施設数も載せてみました。宿泊施設数は静岡県が1870で1位ですね。やはり箱根パワーが凄そうです(^-^)

 

温泉とは?温泉の定義について

温泉の定義とは?

温泉の定義とは?

源泉の数が温泉の数に比例しないということが分かりましたが、そもそも温泉の定義とは何なのでしょうか?

温泉の定義について同じく環境省のページに記載がありました。

温泉の定義は昭和23年に制定された「温泉法」に基づいております。ていうか、温泉法っていう法律があったんですね…知らなかった( ゚Д゚)

 

温泉法では以下の2つの条件を満たすと温泉と名乗れます。

条件①:温度(温泉源から採取されるときの温度)が25度以上であること
条件②:お湯に特定の物質が含まれている事

 

まずはお湯の温度が25度以上であること、これは分かりやすいですね。

もう一つがお湯に特定の物質(全19種類のうちいずれか1つ)が含まれるということで、リチウムイオン・バリウムイオン・水素イオンなどの物質が指定の量以上含まれていればOKだそうです。

ただお湯が出ていれば良いのではなく、含まれる成分も重要になってくるんですね。で、温泉の中でさらに特定の物質が含まれる場合は「療養泉(りょうようせん)」と言われ、治療の目的で使用する事ができるそうです。

 

まとめ

温泉は日本全国どこにでもある事が分かりました。さすが火山大国日本ですね!今度娘にドヤ顔で「温泉がない都道府県は無いんだよー」と教えたいと思います。

温泉の数が一番多いのは北海道で、一番少ないのは沖縄県でした。

また、温泉法という法律があり、温泉を守り災害を防止するための法律が定められていました。これも日本ならではって感じですね。いやあ、温泉のある日本に産まれて良かったなぁとシミジミ思いました( *´艸`)ウフフ

ババンバ バンバンバン♪

さらに、いまなら「GOTOトラベル」でお得に温泉に行けますね。お出かけの際は感染対策を万全に♪

 

ありがとう、温泉。

 

 

気になる事はシラベルトいいですね。

 

【参考】
環境省 温泉

タイトルとURLをコピーしました