能取湖(のとろこ)は北海道網走市にある湖、秋にはサンゴ草で真っ赤に染まっていた

能取湖(のとろこ)自然
能取湖(のとろこ)

能取湖(のとろこ)をご存じでしょうか?

能取湖は北海道網走市にある湖で、とても美しくて珍しい光景が見られる観光スポットになります。能取湖の読み方は「のとろこ」です。「のとりこ」とも呼ばれたりするそうです。

 

さて、今回は「能取湖」についてシラベルトします。

北海道は自然豊かで良いですねぇ

北海道網走市には湖がたくさんあります

北海道網走(あばしり)市はオホーツク海に面していて、能取湖・網走湖・濤沸湖(とうふつこ)と、たくさん湖が存在します。冬は大変厳しい寒さではありますが、流氷が見られるなど、北海道の観光スポットとして人気があります。

で、私が網走と聞いて真っ先に思い出すのは、網走刑務所→ニポポ人形→オホーツクに消ゆですねw

ファミコンのゲームソフトに「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」というのがありまして、謎解きのアドベンチャーゲームなのですが、これが面白かったんですよねー。ニポポ人形が泣くんですよねー、すると人が死ぬんですよねー。いやー懐かしいw

網走刑務所は日本最北端にある刑務所なんです、一度入ったら出られない!みたいな。

 

服を脱げ!って、それはポートピアか

 

能取湖の場所・アクセス

能取湖は網走国定公園(あばしりこくていこうえん)に含まれていて、地図は以下になります。

北海道が顔だとしたら鼻の上あたりにありますねw

お隣には網走湖があり、その逆にはサロマ湖があります。サロマ湖は日本で3番目に面積が大きい湖だそうです。ちなみに、大きい湖の第1位は琵琶湖(滋賀県)、第2位は霞ヶ浦(茨城県)です。

 

最寄り駅は網走駅です。網走駅から網走バスに乗って「サンゴ草入口」で下車してください。能取湖までは約13㎞なので、所要時間は15分くらいになるかと思います。です。

網走駅周辺にはホテルも複数あるので、アクセスは良さそうですね。

 

能取湖はオホーツク海とつながっている海跡湖

能取湖の地図をよく見ると分かりますが、海側に少し隙間があってオホーツク海とつながっていますね。能取湖は海跡湖(かいせきこ)といって、元々は海だったのですがなんやかんやあって内陸に分離されてできた湖になります。

そのため湖と名前がついていますが海水なので舐めるとしょっぱいそうです。なめんなよ。ちなみに、浜名湖も海跡湖になります。

能取湖は2018年9月1日に漁業法上の海面に指定されています。湖なのに海面、ややこしいですね。

能取湖の面積は約58㎞で、日本の中で14番目の大きさです。1周は約33㎞で、最大の深さは23メートルになります。

また、能取湖ではチカ・ニシン・コマイ・カレイ・ホッケ・サケなどの海の魚を釣る事ができるそうですが、禁漁期間や禁止区間があるのでご注意ください。海と繋がっているので海の魚が釣れるんですね。逆にブラックバスとかは釣れなそうですね。

 

秋になると能取湖はサンゴ草で真っ赤に染まる

サンゴ草で赤く染まる能取湖

サンゴ草で真っ赤染まる能取湖

秋になると能取湖はサンゴ草(アッケシソウ)によって真っ赤に染まります。この光景を見るために毎年たくさんの観光客が能取湖を訪れております。絶景でございます。

湖の紅葉というのか、これはすごい光景ですね!遊歩道が設置されているのでサンゴ草に覆われた能取湖の中ほどまで歩く事ができます。

 

能取湖の湖畔にはサンゴ草の群生地があり、秋になると濃い緑色だったのが赤く紅葉するそうです。ちなみに、サンゴ草は別名で正しくはアッケシソウ(厚岸草)というようです。赤くなった様がサンゴに似ているのでサンゴ草とも呼ばれるようです。

ちなみに、サンゴ草は葉と茎が食べられるそうで、ヨーロッパでは野菜として茹でて食べられているそうです。

 

能取湖は日本一サンゴ草群落地

能取湖は日本一サンゴ草群落地

日本一サンゴ草群落地」と看板も立っております。見ごろは9月中旬~下旬頃だそうです。是非この時期に訪れてみたい観光スポットですね。

まさに自然のアート、芸術は爆発や!

 

潮干狩りもできるし、秋には「サンゴ草まつり」が開催される

能取湖では潮干狩りができます。ただ、潮干狩りの解禁期間(4/15~7/15)が設定されているので注意してください。

潮干狩りの時はアサリのみ採るようにしてくださいね。能取湖にはホタテやカキ等も生息しているのですが、採れる業者が漁業権で設定されているので、潮干狩りで勝手にホタテなどを採ってしまうと密漁行為になってしまいます!お父さん、アサリオンリーでお願いしますよ!

捕まるのはイヤ!

また、能取湖では秋になると「能取湖さんご草まつり」が開催されています。2019年で56回を数える歴史のあるイベントになります。

「能取湖さんご草まつり」は毎年9月中旬頃に開催され、ご当地のおいしい海の幸などが堪能できるイベントになります。今年は残念ながら中止となりましたが、是非来年は真っ赤なサンゴ草を見ながら舌鼓を打ちたいものですね。

酒が進むだろうなぁ…

まとめ

能取湖は日本一のサンゴ草群落地で、秋9月になると真っ赤に紅葉した湖を見る事ができる絶景スポットでした。

また、網走市には網走監獄という博物館があります。名前が非常に恐ろしいのですが、網走刑務所旧建造物を公開している野外歴史博物館です。すぐ近くには「<監獄食>網走刑務所旧二見ケ岡農場食堂」というこれまた恐ろしい名前の食堂があるのですが、ここでは実際に囚人が食べていた監獄食を味わえるということです。刑務所に入らなくても監獄食を食べるチャンスですよ!(※陽気にしてみるテスト)

 

ということで、網走には魅力的なスポットがたくさんあることが分かりましたね。オホーツクに消ゆに思いを馳せながら、是非一度訪れてみたい場所です。

 

 

ありがとう、能取湖。

 

 

気になる事はシラベルトいいですね。

 

【参考】
Wikipedia(能取湖)
網走市観光協会
博物館 網走監獄

タイトルとURLをコピーしました